愛知県名古屋市・半田・大府・三河│知多のホームページ制作屋です
Webの話題から酔いどれな日々をブログでどうぞ!
HOME » ホームページの公開はイメージダウンへの近道【1】

ホームページの公開はイメージダウンへの近道【1】

なんとも分かりにくいタイトルを付けてしまいましたが…

簡単にいえば、イケテないサイトを作ってしまい、公開することによって、ユーザーさんから誤解を受ける可能性が高まるという事なんです。

「あのお店結構ステキだと思っていたけど、案外とそうじゃ無いかも…」
「あそこの会社っていい感じに見えたけどイメージ違うじゃん!」

もしこのようなイメージをユーザーさんから持たれてしまったら、業務拡大どころか売り上げの低下を招いてしまいます。

これは、何処に問題があるかというと「ブランディングを意識していない」に尽きると思います。

ブランディングとは

顧客や消費者にとって価値のあるブランドを構築するための活動。ブランドの特徴や競合する企業・製品との違いを明確に提示することで、顧客や消費者の関心を高め、購買を促進することを目的とする。消費者との信頼関係を深めることで、ブランドの訴求力が向上し、競合他社に対して優位に立つことができる。

引用:デジタル大辞泉

と、なります。

当然この中には「イメージ戦略」も含まれる訳で「イケテないサイト=イケテない会社やお店」となってしまいます。
こうなってしまうと、他社との競合以前の問題です。

じゃあ、どうすれば良いのか?

それは、Web制作者(社員さんや外部委託先を問わず)さんと、じっくりとコンテンツを練り上げれば解決できるでしょう。

現実以上の偽りの表現はダメです。必ず違和感をユーザーさんから持たれます。
もちろん、現実以下の表現不足も避けなければなりません。

皆さんがされているビジネスの長所を余す事無く伝えることが基本です。

さて、このためには文章的なコンテンツ構築は当然の事、写真や絵柄にも最大限の労力を注ぎ込まなければなりません。

難しそうに思えますが、これは案外と少しのポイントに気づけば改善できたりします。

具体例は、後日エントリーしたいと思います。
続きをお楽しみに!

2012年 7月 11日 |

*愛知県名古屋近郊・半田市・大府・三河地域に対応したホームページ制作会社です。

愛知名古屋近郊・大府市でホームページ制作をお考えなら!有限会社ライトスタッフ

[←前のページへ戻る]

Home » » ホームページの公開はイメージダウンへの近道【1】