愛知県名古屋市・半田・大府・三河│知多のホームページ制作屋です
Webの話題から酔いどれな日々をブログでどうぞ!
HOME » ホームページの公開はイメージダウンへの近道【3】

ホームページの公開はイメージダウンへの近道【3】

さて、ここで実際の具体例を…。

このエントリーはホームページの公開はイメージダウンへの近道【2】の続きです。
一連の流れは「Webには落穴がいっぱい」のカテゴリーでご覧いただけます。

見やすさを最優先に

1番目の「やたらサイトレイアウトがごちゃごちゃしている」に付いては、言うまでもなく「見やすく・分かりやすく」がポイント。
とりあえず、具体例を示すと切りがないのでとばします。

適切な改行や段落を意識しよう!

2番目の「文章中に適切な改行や段落の区切りが無い」について。
具体的には、以下の例文をご覧ください。

サイトに掲載している文章的な内容がいくらしっかりしていても、ユーザーの皆さんは先ず全体の雰囲気・見やすさ、そして見出しや画像イメージに目を向けます。すべてに当てはまる訳ではないのですが、一般的な行動ではないでしょうか。この時に「なんか安っぽいなぁ〜」と思われたらそこで終了です。特に、信頼性が重視される業種でしたら致命的です。
尚、ここで注意したいのは、あえて安っぽさを狙った場合は例外です。また、安っぽさと遊び心とは分けて考える必要もあります。

 ↑何となく読みづらい気が…。

サイトに掲載している文章的な内容がいくらしっかりしていても、ユーザーの皆さんは先ず全体の雰囲気・見やすさ、そして見出しや画像イメージに目を向けます。
すべてに当てはまる訳ではないのですが、一般的な行動ではないでしょうか。

この時に「なんか安っぽいなぁ〜」と思われたらそこで終了です。
特に、信頼性が重視される業種でしたら致命的です。

尚、ここで注意したいのは、あえて安っぽさを狙った場合は例外です。
また、安っぽさと遊び心とは分けて考える必要もあります。

 ↑少しは読んでみようかという気になるかも。

フォントは慎重に選びましょう

3番目の「見出し文字を画像化している場合の不適切なフォント選択」について。

あくまで一般論で極端な例となりますが、もしあなたが人々から「頼られることが職業」の場合…

font

あなたならどれを選びますか?

デザイン感覚は、人それぞれなので正解は無いかもしれません。
だからこそ、常に自分の感覚を客観的に見つめ直す必要があるのです。

ここで大切なのは、あなたを求めているユーザーさんは、あなたの「何」に期待しているのでしょうか。
もしあなたが人々から「頼られることが職業」でしたら、確実・親切・誠実・希望なのでは?

決して、奇抜さや派手さではありません。

配色はセンスの見せどころ

4番目の「サイト全体のカラーリングが不適切」に付いては、やはり「見やすく・目に優しい」がポイント。

ですから、ギラギラした配色はやはり辛いですし、良い印象は持たれません。
ただし、狙った場合はやはり例外です。もちろんその場合でも、それなりのセンスは感じられるはずですが…。

さて、本日はここまで。
続きはまた後日。お楽しみに!

2012年 7月 16日 |

*愛知県名古屋近郊・半田市・大府・三河地域に対応したホームページ制作会社です。

愛知名古屋近郊・大府市でホームページ制作をお考えなら!有限会社ライトスタッフ

[←前のページへ戻る]

Home » » ホームページの公開はイメージダウンへの近道【3】