愛知県名古屋市・半田・大府・三河│知多のホームページ制作屋です
Webの話題から酔いどれな日々をブログでどうぞ!
HOME » 「大古根」って読める?阿久比の地域名なんです

「大古根」って読める?阿久比の地域名なんです

愛知県知多郡の阿久比町は、農業従事者が多い。

だけど、農業だけで生活している人は少ないと思います。
兼業農家、或いは勤めの傍ら田んぼの世話をしているとか…。

うちの場合は、更に小規模な農家だ。
農家といっても、あんまり農作業はしていない。
単に「農家登録されているだけ」といっても過言じゃない。
農家登録されているのは、イロイロと訳があって…。

でも、ナンニモしないかというとそうでも無かったりします。

地域の草刈りに参加したり、自主的に草刈りをしたりと。
畑での収穫作業があったり、市場への出荷があったりと。

うちのカミさんなんかは、毎週の様に義母の手伝いで畑に通ったりしている。

でも、自分で言うのもなんだけど、農業を生業にしている方々の足元には到底及ばない。
10,000分の一にも届かないと思う。
農業を生業にするのって、結構ハードな時代なんだよなぁ…。

で、本題。

大古根写真は、先週の田んぼの草刈りの時の写真。
年に数回行われる、地域の恒例行事なんだ。

ここは、自分の住んでいる地域とはちょっと離れている。

そう!大古根地域。大きく括ると阿久比の植大という所。

あのアピタの近所なんです。
で、ここの読み方は「ダイゴネ」と言います。地名の読み方って難しいよね。

阿久比には他にも色々あります。

例えば「椋岡」。大古根地域のすぐ近く。
ここは「ムクオカ」って読みます。

まあ「阿久比」だって他地域の人からしてみたら、きっと読めないんだろうなぁ…。
「アクビ」ってしょっちゅういわれてます。

*そんな田舎でWeb制作をやっている会社ってどうなのよ?…ってのはおいといてくだされ。

2014年 5月 08日 |

*愛知県名古屋近郊・半田市・大府・三河地域に対応したホームページ制作会社です。

愛知名古屋近郊・大府市でホームページ制作をお考えなら!有限会社ライトスタッフ

[←前のページへ戻る]

Home » » 「大古根」って読める?阿久比の地域名なんです