愛知県名古屋市・半田・大府・三河│知多のホームページ制作屋です
Webの話題から酔いどれな日々をブログでどうぞ!
HOME » Webとホームページ制作

Webとホームページ制作

GoogleやYahooにはいつ表示されるの?

Google「新規にホームページを制作した場合、GoogleやYahooなどで検索結果に表示されるようになるには、どのくらいの期間が必要でしょうか?」と、よく尋ねられます。

はっきり言って、判りません。

ただ、自分の場合には、Googleのアナリティクスとウェブマスターツールへの登録とサイトマップの送信は必ず行うので案外と早く表示されています。

例えば、1〜2週間程度で、サイト内の特定ページが表示され始めます。
その後、トップページが表示される迄に、さらに2週間程度必要でしょうか。

この時には、特定のキーワードでの検索結果は、まだ低い順位のままですが、SEOの施策が適切であれば、だいたい2〜3ヶ月程で順位が上昇してきます。
安定して表示されるには、半年位必要だと思います。

ポイントは、いかに早くGoogleにWebサイトの構造を認知してもらえるかということですね。

◇◇◇

例外もあります。

適切なサイト構成とSEOの施策が前提ですが、話題性の高いWebサイトでは、他のホームページやSNSでの紹介などにより、短期間での高アクセス数がある時などは、かなり早い時期から高順位を獲得できる場合もあるようです。

この辺りのシステムは「Googleのみぞ知る」という感じでしょうか。

◇◇◇

この記事は、あくまで個人的な見解によって書いています。

全てのWebサイトに該当するわけではありませんし、期間的にも大きな差異がありますので、あくまでご参考程度にお読みください。

→ SEO対策って何?と思われた方はこちらをご覧ください

2015年 6月 02日 掲載 |

YouTubeの動画エラー

YouTubeの動画エラーまいったなぁ…。

サイトに貼り付けたYouTubeの動画がエラーになるとのご連絡。

いろんな環境で試してみると、あるセットでエラーを再現。

「エラーが発生しました。後でもう一度お試しください 詳細」
古いWindowsマシンだからか?相性なのか??原因がわからん???

んで、いろいろ調べること小一時間。
ネットにはいろんな情報があるけど、どれも効果なし。

で、もう小一時間検索。

まさかねぇ…。
「PCの音声ジャックとモニターが繋いて無い時にエラー!!!」

確かに古いサイトチェック用の寄せ集めPCセット。あのPCとモニターが別々のやつね。

ここまでくると、藁にも縋る気持ち…。

やってみた。
再生を始めました。

どうやら、YouTubeの仕様らしい。これ、有名なことなのか…?

自分の勉強不足を反省だなぁ。

※あくまで一例です。他にもいろいろ原因はあるかもです。

2015年 5月 19日 掲載 |

dlvr.itの調整中です

iPhoneとAndroid一日に数回ブログを更新するのは珍しい事で、これもフェイスブックへ自動的に流し込むためのテストな訳です。

本来なら、隠しページかなんかでやる訳ですが、なんせ更新頻度の低いこのブログ。

せっかくだからと、サイトヴォリュームも増やしてしまえという企み。
ところで、数ヶ月前からスマホの2台持ちユーザーになっています。

最近は、PCからよりもスマホからのアクセスが多いサイトも増加している訳で、実機でのテストが不可欠となっています。
シュミレーターでは解らない、iPhoneとAndroidとの表示の異なり方のチェックが大切です。

もちろんiPadもあるので、通信費の負担が大変。
なので、Android機は、WiFiの環境下だけでネットへ繋ぐようにしています。

いずれにせよ、必要経費ってところでしょうね…。

2015年 5月 12日 掲載 |

RSS Graffitiのサービス終了に対応中です

dlvr.itフェイスブックとブログの連携アプリ「RSS Graffiti」のサービスが終了とのこと。
既に機能は停止している…。

なので、新しいアプリを導入。
dlvr.it」の評判が良いので、試行中。

当然、クライアントさんのフェイスブックページに、いきなり導入するには気が引けるので、自分の分でテスト。
俗に言う「人柱」状態。

ちなみに、このアプリも全て英語なので、設定の判断に苦しむ部分も多い。
なので、こちらのサイトのお世話になりつつ、試行錯誤しています。

http://mattintosh.blog.so-net.ne.jp/dlvrit_route_settings

有益な情報、ありがとうございます。

2015年 5月 12日 掲載 |

ゴールデンウイーク中の業務について

ゴールデンウイーク皆さま、ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしょうか。

弊社では、連休中も新規制作に関するご相談に付きましては、可能な限りご対応致します。

普段は通常業務に追われ、この時期にしかホームページの新規制作を検討することができない方がおいでになりましたら、お気軽にご連絡ください。

2015年 5月 02日 掲載 |

読み易いホームページ制作

ペンホームページを制作する場合、効果的なWebサイトに仕上げるには、大切な要素が色々とあります。
その中でも結構厄介なのが、文章の読み易さ。

閲覧者の皆さんへ有益な情報をご提供するためには、しっかりとしたページ構築をする必要があるのですが、文章を読んで頂けなければ、意味がありません。
そのために、表示された文章を読み易くする必要があります。
なので、様々な工夫をすることもWeb屋の仕事だったりします。

適切な改行と段落を付けて、読み易く

適切な空白部分を入れることにより「文字がいっぱい詰まっている感じ」を取り除きます。
この辺りは過去のエントリーをご参照ください。

→ ホームページの公開はイメージダウンへの近道【3】

適切な文章の長さで、読む事を恐れさせない

あまりにも長い文章は、有益な部分が何処にあるのかも判りにくいですし、それ以前に読む気が失せてしまいますね。
ですから無闇に長い文章は、極力避けています。
(※もちろん必要があれば長文になる場合もあります。)

「文章のリズム感」で読み続ける苦痛を緩和

案外と気づかれていないのが「文章のリズム感」。
これ、同業者にも意外と理解されてません。

ホームページ上の文章を一気に読み進める人は、あまりいないでしょう。多くの人は、区切りながら、頭の中で復唱しながら読み進めます。

なので、その時に復唱し易く、ご自分の言葉として発しやすい文体を記述します。
また、語尾も工夫して「です・ます」以外の表現も大切。当然、接続詞にも注意を払います。

このような工夫で、文章にリズム感が生まれ「文章を読み続ける苦痛」の緩和を図ります。

ほんの少しの事なんですが、案外と効果が上がりますよ。

その他にも…

  • 見出しや、文字の太さ・色を活用して、本文にアクセントを
  • 箇条書きで説明して読みやすく
  • 漢字や平仮名・カタカナのバランスを調整して、品のある文体に

など、多々あるのですが、こちらは又の機会に!

2015年 3月 25日 掲載 |

Web制作前のヒアリング

イメージホームページの制作前には、ヒアリングをじっくりと行っています。
クライアントさんが「ホームページ上で何を発信し、訴求されたいのか?」をじっくりと伺います。

このヒアリングは、サイトへの掲載事項だけではなく、クライアントさんのビジネスモデルの事や、将来的な展望までお聞きしています。
ホームページへ掲載する訳ではないのですが、結構重要だったりします。

掲載文章の原稿が、しっかりと支給されれば良いのですが、世の中には文章を書くことが苦手な方も多く、我々がライティングする場合も多々あります。
そんな時に、事前のヒアリングが役に立ちます。

「こんな時には、クライアントさんはこう考えるんだろうなあ」と想像しながら筆を進める訳です。

もしも「文章が苦手だからホームページは無理かなぁ…?」とお悩みでしたら、一度ご相談ください!
ブログの更新代行サービスもご用意しています。

2015年 3月 23日 掲載 |

Googleモバイル検索

Googleモバイル検索少し前から、Googleでのモバイル検索結果に「スマホ対応」って表示が出るようになっている。

つまり、検索用のアルゴリズムが大きく変化しているように考えられますし、PC用のアルゴリズムとは別物が導入されている可能性もあります。

いよいよ、モバイル検索に本腰を入れ始めたということでしょうね。
ところで、最近ウエブマスターツールに登録してあるサイトで、スマホ対応がしてないと、Googleから、以下の警告がさらりと来る。

一例:

Google のシステムは、貴サイトの 82 ページをテストし、そのうちの 100% に重大なモバイル ユーザビリティ上の問題を検出しました。この 82 ページの問題の影響で、モバイル ユーザーは貴サイトを十分に表示して楽しむことができません。これらのページは Google 検索でモバイル フレンドリーとは見なされないため、スマートフォン ユーザーにはそのように表示、ランク付けされます。

要するに「スマホ対応がしてなければ、Googleでのモバイル検索結果では、上位表示されないよ!」ということです。

ちなみに、Googleは、レスポンシブデザインを奨めているようです。

参考:スマホへの最適化デザインについて

2015年 2月 09日 掲載 |

クライアントさんの文献

特定社会保険労務士事務所サイトウオフィス長い事Web制作業をしていると、クライアントさんの中で、TVに出たり、雑誌・書籍で取り上げられたりされる方がおいでになる。

メディア関係の方々は、日々ネットを活用して情報収集をされている。
だいたいが、ホームページを確認した上で直接コンタクトをしてくる訳で、業務内容やお人柄を細かくチェックされている様です。

やっぱり、ホームページの丁寧な作り込みは大切なんだな、と思います。

そんな中で、今回は専門分野の「実務誌」で執筆をされたとのことで、一冊送って頂いた。
「日本法令」発行の労務関連の書籍。この「日本法令」、役場上がりの自分としては懐かしい会社。

「非正規社員の人材育成~有期実習型訓練を例に~」を執筆されました。

で、早速読んで見ると、さすがに実務書。さっぱりわかりません…。
どんな業界も奥が深いんだなぁ、と改めて感じました。

しかし、うちのクライアントさんが、こうして活躍されるってのは本当に嬉しいですね!

名古屋・特定社会保険労務士事務所サイトウオフィス

2014年 11月 17日 掲載 |

スマホへの最適化デザイン

スマホへの最適化デザインここ数年、スマートフォンの普及状況には目を見張るものがありますね。

弊社クライアントさんのサイトへのアクセス状況を調べると、一般のお客様向けのサイト(飲食関係や小売り関係等)では、PC(パソコン)よりスマホによる閲覧数の方が大幅に上回ることも多々あります。
というか普通になりつつあります。

◇◇◇

ですから、サイトデザインはPCとスマホでは異なるレイアウト、つまりデバイスにごとに見易い表示をさせる事が一般的になってきました。

従来からの手法では、各々のデバイスごとに専用ページを用意して対応していました。
しかし、それでは更新の手間が増えてしまいます。
また、同じ内容の記事が複数あれば、SEO的に不利になる恐れもあります。

もちろん、プログラム的にアクセスしたデバイスごとに、最適なレイアウトを表示する仕組みもあります。
ところが、ホームページの制作段階での工程数が増え、結果的に高額な費用が必要な場合もありえます。

◇◇◇

そこで、最近普及し始めた方法として「レスポンシブデザイン」が注目されています。
要するに、デバイスの横幅に合わせてレイアウトの横幅を自動的に伸び縮みさせてしまおうというものです。

スマホへの最適化デザイン

スマホへの最適化

※ 引用:画材・額縁・美術教室・美術大学受験 | 知多・半田 | アート・アンド・ユー 様

この方法ならば、制作時の費用圧縮と、ホームページ更新時の煩雑さを回避できる訳です。

ところで、横幅を伸び縮みさせるってどうゆうこと?と、思われたら下の動画をご覧ください。

※ 引用:犬のしつけ教室・出張トレーニング・問題行動改善 | 三河・グッドドッグ 様

◇◇◇

その他にも愛知県内での制作事例がありますので、宜しければご覧ください。

» 愛知県名古屋近郊でのホームページ制作事例

2014年 9月 30日 掲載 |

*愛知県名古屋近郊・半田市・大府・三河地域に対応したホームページ制作会社です。